スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊少年チャンピオン 2014年NO.31

エンジェルヴォイス
足が限界の二宮さんに代わってワッキーがPKに。

チームのため、マイちゃんのために、二宮さんよく言った。ワッキー好きだから俺得。

凡人枠として様々なエピソードで愛着を持たせてきたワッキー。頑張ってほしい。

そして成田がまさかの5人目。最後までもつれるフラグだな。


刃牙道
武蔵VS現代の達人になった。

今回の達人、こういう地味ながらもリアリティを持ったキャラ好きなんだが、

稲城とかがそうだったようにいつも不遇なんだよな。

今回も明らかにかませとしての役割で登場だし。


弱虫ペダル
特に展開は進まず。

今回の話で総北、鏑木の勝利の線が濃厚になってきたな。

覚醒したけど負け、という結果もあるけど。

ダンチクがエールを送る展開が絶対あると思うので、まだ強化幅は残ってる。


囚人リク
まさかの久々登場の親方がミスをフォロー。

すまない、パッションフルーツさん、お家を燃やしてしまって!

と謝りながら発火装置の起動をこなしてくれる。かっこいいぜ。

漢字もそこそこ混ざってるのにひらがな間違うリクの手紙に違和感。

バチバチ
まだ決着つかず。間延びがひどくなってきてる気がするが、

全体を通しても重要な部分なので仕方がないか。

ケンイチ君普通にスポーツマンみたいになっててワロタ。

なんというか、いままでがいままでだったから、こう、チョット気持ち悪い。

スポンサーサイト

週刊少年チャンピオン 2014年NO.30

エンジェルヴォイス
最後の同点ゴールは3人の誰が決めたか明確にされてないのがいいな。

全員で必死にもぎ取った1点という意味では素晴らしい描写だ。

同点後堂々と引き上げてくるイレブンの一枚はかっこよすぎるだろ…。

しかし、やっぱりPK戦になったか。最終戦のお約束だな。

成田は過去の苦い記憶をここ一番で払拭して勝負を決めるんだろうか。

個人的には尾上、百瀬に頑張ってほしい。



刃牙道
武蔵はもう興味ないからいいや。

ゲバルくらい、いや、春成くらいサクッと退場でオナシャス。

ふたを開けてみれば花山さん勝てる要素なさすぎワロタ。
 
なんとか見せ場は作ってほしい。


弱虫ペダル
バンビはよく見ると目がカートゥンみたいになってるのね。

ここでまさかの鏑木上げですか。こいつ人気あるのだろうか。

緊張感なくなるし正直あんまり好きくないんだが…。

鏑木が勝つなら銅橋勝利でいいや。


囚人リク
発火装置にヤモリってどうなのと思ったけどやっぱり失敗か。

パワー要因が役に立ったのはよかった。コイツらしかできないってのがいいな。

最後の鉄格子が棘になってる描写絶望感あって好き。

発火装置はセット自体はできたし、スライスデビルさんが何とかしてくれそうな気がする。


バチバチ
王虎さんが自分の非をようやく認めたな。ここから大きく成長するのかな。

パパが鯉太郎を応援したのは複雑だな。愛ゆえだが、かわいそう。

しかし、もう負ける準備は万全なのに粘る粘る。

勝って改心というパターンも出てきたなこれは。


ハリガネサービスはしばらく一歩引いてみてみよう。最初感じた勢いはなくなった気がする。

週刊少年チャンピオン 2014年No.29

ハリガネサービス
金田君は自分で弁当作ってきてるんだな。ただのガイキチキャラじゃなさそうでいいな。

大事に育ててほしいキャラだ。主人公はあくまでピンチサーバーという役割で行くのかな。

引き出しがすぐに尽きそうだが、他のこともできるようになるのも興ざめで

難しいところだな。作者の力量が問われるな。


刃牙道
花山・勇次郎戦やっと始まったけどまた一般人の回想パターンかよ。

これつまんないからやめてくれねぇかな。

武蔵が全然強そうに見えなくてワロタ。

もうピクルと戦わせようぜ。
 

弱虫ペダル
バンビスタイルとか言ってついに下半身を変形させる特殊能力が出てしまった。

もうこれは本格ロードレースとは口が裂けても言えないレベルまで来たな。

重二脚の脚部に軽コアのせたアーマードコアみたいでワロタ


囚人リク
なんか椿ばっかり単独で危険を冒す役割ばっかりでかわいそう。

暴動が起こるか心配な前半の張りつめた不安と

暴動が発生してからの後半の流れるような疾走感よ。


バチバチ
山崎記者の「そこで笑うのかよ…まるで…」の下りでぐっと来た。

いい加減冗長になってしまっているが、やっぱり熱いな。

ただ、ここまで出し切ってしまってまるで最終回だ。

このまま終わっちゃうんじゃないだろうな。

週刊少年チャンピオン 2014年NO.28

ハリガネサービス

勝って余裕が出たらさわやかになる金田。でもほんとはナメプされとる。

高校スポーツものだし、裏切りはなくとも、そのうちなんかの火種にはなるな。

ほかのやつらがまったくキャラ立ってないのが不安だな。


刃牙道

また一週使って勇次郎花山戦始まらず。おせーよ。

武蔵はなんかもっとバガボンドみたいなキャラづけしてくるかと思ったけど

今のところ冷酷な淡々としてる系っぽいな。

ババァつかまれててワロタ

 
弱虫ペダル

銅橋過去編か。まぁありきたりだが、ただの脳筋からアクセントは付けられた感じだな。

すくなくとも総北メンバーよりは応援できる。

ただ、アブがヘンタイ連呼するようになって寒いな。去年より凄みは出せてるんだから

なんというか戦ってない時くらいはもうチョイノーマルな感じでいいかなと…。

あんまりインフレさせると八ワンダイバーみたいになるぞ。


囚人リク

騒ぎに紛れて工作するため、抗争を誘発させるながれ。

頭にちっちゃい紙切れ丸めたのが落ちてきて痛ッ!って虚弱体質かよ。

しかしリクがこんな暴動許すんかね?ぜったい反対するだろこれ。

凶器として作られた木の槍?がいい感じに逆剥けみたいな返しがついててエグイ。


バチバチ

これはケンイチ君勝利と見せかけてやられる流れだろうな。

最後の引きが人物描いてなくていかにもな感じ。ただ、この作者は

概ね予定調和な流れを読みやすいマンガをかくけど、鯉VS白水さんのときに

痺れる裏切り方をしてくれてるからなぁ。100%とはいえんな。

けどここで鯉が負けてもグダグダになるだけだからそれはないだろうな。

シグルイ

自分の本棚にならんだ中でたぶん俺が一番好きな漫画だと思う。

駿河城御前試合という原作小説での一試合目にスポットを当てた作品。

結構有名な作品で、連載は終了していて文庫版が刊行してるんだったかな。

覚悟のススメから入って、山口先生の作品ということで読んだんだが、

劇画調の漫画や時代劇ものが好きになる要因となった作品。

とにかくキ○ガイしか出てこない。主人公とライバルから始まり、

サブキャラクターやヒロインに至るまでどこかしら狂気じみている。

全編通して主人公とライバルの(厳密にはW主人公の趣)成り行きを描き、

最終的には御前試合で雌雄を決するんだが、始まりにしびれたね。

最終戦である御前試合の入場シーンから始まるんだ。

まさに死合開始というところで時間軸の一番初め、出会いの場面へ飛ぶ。

そこからふたりの因縁を積み重ねて、最終的に一話目冒頭の死合開始へとつながる。

原作小説では割と淡白で、数ある試合のうちの一つに過ぎないこの一試合を

ここまで独自の解釈や描写を盛り込みつつ昇華させる手腕に脱帽した。

主人公の藤木は片腕がなく、ライバルでもう一人の主人公の伊良子は盲目で足を引きずっている。

でも、出会いの場面ではお互いそれらのハンディキャップはない。

そこからどういうドラマがあってこんな状態になるんだろうとか、こんなになってまで戦う理由は

何なんだろうとか、いろいろ想像させられる。それが始まってすぐ読者を作品に引きずりこむ。

原作の段階から残酷無残をテーマとした作品で、実にえげつない救いのないストーリーで進む。

俺は映画とか漫画は、バッドエンド物や胸糞わるいものが非常に嫌いなんだが、

これは不思議と読後感が悪くない。繰り返し読みたくなる魅力を持ってると思う。

最トーの当たりの刃牙と同じく、どっちが勝つかわからないのもいい。

俺はあえて原作を読むのを途中でやめて、藤木と伊良子はどっちが御前試合を制するのかを

漫画でリアルタイムで楽しんだ。作品全体として非常にきれいにまとまっており、

最初は藤木を応援していたが、あとで読み返してみると、伊良子も至極正当なものだと分かる。

むしろ藤木のほうが間違ってるんじゃないのか?とすら思える部分もある。

どっちとも正しい部分があり、間違ってる部分があるからこそ、優劣がつけがたく、

W主人公として最後の最後まで話の予定調和のようなものがなく、自分が共感できた方に

感情移入してハラハラして読めるんだろうな。残酷無残というテーマも、

残酷さ、無残ゆえの美というものを主軸にしたいという原作者の思想でありながらも、

こっちが勝つ、と信じる部分をあえて裏切ってくることで残酷な話を作るんじゃないだろうか、

という先を予見させない非常に強力なストッパーとしても働いていると思う。

超おススメ。少々グロいのとか抵抗ないなら一回読んでみてほしい。
プロフィール

魚肉セーソージ

Author:魚肉セーソージ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。