スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

友達と弟に練習してもらった

今日は友達と弟に練習として質問してもらう。

そこそこはできるようになったんだが、

結局練習は練習で、実際の試験とは違う。

突込みも入らないし。

自治体のデータも頭に叩き込んだが、

回答にさらっと盛り込むのが難しい。

久しぶりに明日が恐ろしい。

緊張で猛烈に恐ろしい。

恐ろしい。
スポンサーサイト

面接練習

昨日は2人で1回目、一人加えて2回目。

昨日はしどろもどろもいいとこだったが、

二回目は昨日よりはマシになったな。

それでも突っ込みどころも多く、トークがうまい人に

生まれたかったな、とつくづく思う。

自治体のデータは誰にも負けないくらい頭に入れたんだが…。

今日で練習はラスト。先生の予定が合わないので仕方ない。

あとは自分でやっとくしかない。

不安が多い。やれることはやっときたい。

週刊少年チャンピオン 2014年26

ハリガネサービス

バレーものの新連載。キャラは既視感満載で絵もあんまり好みではないが、

おお振りと同じタイプの一点強化型のスポーツマンガみたいね。

話自体は今のところとりあえず読ませるくらいの力はあるので

期待を込めて様子見。ただ、引き出しがどこまで持つか不安も多いけど。


刃牙道

降霊するのに一週使うとか…。そもそも武蔵に全く興味がわかない。

GANTZが終わった今となっては、速読漫画の頂点を単独でひた走る。

もう武蔵はなかったことにして、早く花山さんと勇次郎の方を書いてほしい。


弱虫ペダル

絵は迫力あっていいな。何か早くも青柳先輩の底が見えてきちまってるじゃねーか。

引き出しは残しつつもどんなに覚醒しても鏑木は決定打にはなりえないだろうし、

主人公チームはどんどん優勝の芽がなくなっていくな…。

ただ、銅橋も強そうに見えないのがなぁ…。名ばかり劣化田所サンやんけ。


囚人リク

米糊で乗り切ったのか。ただいくら漫画とはいえ危なっかしすぎる。

現実でとるにはこの手段はリスキーすぎる。なんでレノマさん余裕なんだ。

ただ、細かいところは置いといてこんな地味な内容でこんなかっこよく見せられるのは

凄い。ベテラン作家の技量が光るな。だから面白いんだよこの漫画は。


バチバチ

ちょい持ち直してきた感じだが、話は進まんな。

今週は最近ただの小物になってきてたケンイチくんがちょっと凄みを見せたね。

漫画的には破たんするのが確定気味なメンタルだけど、

一味違うキャラクター性を期待したいところ。

面接日程決まった。

簡易書留で二次のお知らせを受け取った。

考えうる最速の日程だった。ちょっと怖気づくじゃねーか…。

しかも時間も午前で早い。一瞬いっちばん最初のグループかと思った。

まさか年齢順にやってんのか、とか一番最初のグループじゃ

最後ら辺には忘れられて不利じゃないのかとかビビってたけど、

会場がいくつかに分けられてるっぽい。そこから考えると、

最初じゃないかもしれんし、面接官も何グループかあるな。

もし最初だとしても最初の人はいっぱいいるし、最初という弊害もあんまりナイっぽい。

そもそも最初としてもがんばるだけだしな、うん。

そろそろ面接の受け答え案を明日のためにまとめとくか。

面接対策

今日はハロワに面接対策で一寸行ってきたけど、

正直ちょっと肩すかしだったかな、という感じ。

あんまり俺の用意した回答に目を通してくれずに、

既に内容に含まれてることを追加するべきだ、とか言われた。

まぁ全体的なふわっとした部分の再確認はできたから良しとしよう。

民間就職支援が前提のハロワで相談に乗ってくれただけでも御の字だもんな。

その後久しぶりに予備校にいってきた。面接予約のため。

カード記入して木曜に模擬面接ということに。

志願先のデータも可能な限り集めながら、しっかり受け答えできるようにしたい。

どっちにしろそのうち使うもんだし、スーツもパリッとしたやつを着ていきたいので

コナカで新調した。前の店は適当に作られて肩がきつかったが、

今回は親切な店員さんでばっちりだ。コナカに感謝。

質の高い有意義な練習ができるように木曜までにしっかりまとめとかないとな。

しかし、思った以上に面接対策って大変だな。

6月の筆記試験の勉強ができん…。ぐぬぬ…。

一次試験突破

本命の試験についてなんだが、一次の発表があった。

結果から言うとなんとか通過できていた。

ただ例年に比べて残した人数は多めだったので

ここからがホントにきついんだろうな。

ただ、ここは嘘偽りなく本当の第一希望で、

志望動機なんかについても嘘偽りが一切ない本音だ。

なので、面接対策もできる限りのことをしっかりやって、

ここで生活して、ここの人の役に立ちたい。

不安でいっぱいだが、頑張ろう。

友達と作戦会議

今日は友達と作戦会議に行ってきた。

結局食品衛生監視は俺は受けない流れになったので

微生物学のテキストは友達に貸してきた。

友達は今年はこれがラストの試験になるとのこと。

テキストが少しでも助力になればいいな。

ちょっと風邪気味だったらしい。

マスクしてまでわざわざ来てくれて、うれしい半分申し訳ない半分だった。

そういえば彼女の誕生日は知らなかったが、今日判明。

たぶん夏だろうな、と思ってたらやっぱり夏だった。

あとはとりとめのない会話して、昼飯食って解散。

マンネリの息の詰まる生活にちょっとメリハリをもらえた。

がんばらねば。

エイリアンVSアバター

皆、大切な時間を無駄にしたいか!?

そんな人はこれを見てみるんだ!

エイリアンVSアバターというタイトルから一瞬の期待と

底知れぬ胡散臭さを感じ取れるだろう。

だが、この内容のひどさは想像の遥か斜め上を行く。

2011年制作というのが嘘みたいだぜ!

1980年でもひどいと思うかもしれないほどの低予算っぷり!

俺は飯を食いながら見たが、90分をこんな無駄な形で

失ったのは初めてだ。ギャグとしても中途半端でどうしようもない。

一回見てみるといいよ。突込みが追い付かないから。

http://gigazine.net/news/20111101_ava_movie/

かわいいっ!

最近ちょくちょく寄るコンビニに、小鳥がいることがある。

白黒のダルメシアンみたいな柄の小鳥なんだが、

たぶん、パンくずとかを目当てにしてるんだろう。

ゴミ箱周辺をうろうろしてて、かなり足元近くまで寄ってくる。

多少餌を催促してる感があって、こちらを見ながら

つかず離れずを繰り返している。

俺が言ったときは大概いるので、

ほぼここに居座ってるくらいの感じなんだろうな。

ちょっと何かあげたい気持ちになるけど、

その場で買い食いするわけではないし、

糞害とかもあるかもしれないので、気安くやるわけにはいかない。

なのですまんな、と思いつつ目の保養にしてる。

週刊少年チャンピオン 2014年24

弱虫ペダル

青柳と鏑木はどっちがどっちかわかんなくなるから

レース中にどっちかホイールに髪の毛巻き込まれて禿になればいい。

変態変態狙ってんなこれ。こういうのは狙ってやると寒くなるんだよ…。


バキ道

なんか勇次郎と花山さんホンワカしてるじゃねえか。

これから戦うのに何やってんの。これはあれだ、

いざ戦っても不完全燃焼の馴れ合いで終わるパターンだ。


囚人リク

レノマにぶっ飛ばされてノビるのかと思ったけど、ネオさん指を自分で落とすのか。

展開は退屈な感じになってしまったけど、描写だけでここまでの満足感。さすがやで。

船GETってなったけど、親父さんとの会話カット、周龍があんまりにもさらっとしてるから

ほんとはまだ船の件は解決してないんじゃないのか?これ。


バチバチ

うーん、王虎リベンジ戦なのになんか盛り上がらないな。

単行本売ったのは今のところ後悔するような展開はなし。

作品通しての目玉の一戦のはずなのにこれじゃあ

白水さんとかツネとかががんばる展開とかくらいしか期待できん…。


エンジェルボイスと真餓狼は最近いいね。

真餓狼は来週で終わりかよ…。バキのつなぎとはいえ、むごい…。

かわいそうだけどやっぱり作画の人選ミスだろうなぁ。

死闘になるほどギャグ顔になるのは致命的。

残念だけどコンテンツの贅沢な無駄遣いになってしまった。

土曜日に友達と会うことになった

公務員試験をいっしょに受けているというと

語弊があるが、俺以外に公務員試験を受けている

友達と久しぶりに会うことになった。

一応作戦会議という名目だが、実質はただ久しぶりに会うというだけ。

毎回そんな感じだしな。結構余裕がない中ではあるんだが、

むげに断るのもアレだし、基本的に女が大嫌いな俺にとって

関わってて不快にならない非常に稀有な女の一人だからな。

お互いの所在地の中間ら辺での待ち合わせということになった。

急な話だったのでお土産とかは渡せないが、まぁいいだろう。

窮地に追い込まれた者同士、多少精神的負担を軽くできるんじゃないかと

ちょっと期待している。

トマトジュース

トマトジュースを最近毎日飲むようにした。

食物繊維のためだろう、なんかお腹が張って

オナラが出やすくなった。しかし、腹の調子は割りといい。

なんといってもお通じの回数が増えた。
日に一回じゃ済まなくなったレベル。

あんまり普段から野菜食わないから、せめてもの配慮だな。

まぁ、単純においしいしな。伊藤園の理想のトマトがいい感じ。

普通のトマトジュースはちょっとミートソースっぽい味があるが、

これはそれらに比べていささかフルーティー。

もちろん、食塩無添加の中での比較な。

ただでさえしょっぱいの大好きなのに、ここで余計な塩分とると死んじゃう。

しばらくは続けてみようと思う。

ひとまず山場が去った。

一発目の試験ラッシュが終了。

とはいえ、一息つくような暇はない。

また一カ月もすればさらに重要な

試験のセカンドラッシュが来る。

そこまでにやるべき勉強も不足分が多い。

死ぬ気でやっていかんといかんな。

その間ももし引っかかっていれば面接があるし、

ESを出さなくてはいけないなら内容を練る時間が

地味に必要だったりするからな。

見かけの時間は少ない。しかし、実質はさらに少ない。

これを肝に銘じて少しの時間でも大切さを意識して

しっかりやっていかんといかん。

頑張ろう。

市役所試験受けてきた

今日は在住の市役所の試験を受けてきた。

詳細が要項に書いてなかったのだが、

普通の市役所教養型試験を想定していたら、

実態は全くの予想外だった。

試験時間は1時間だけで、ここでおや、となった。

普通教養のみでも1時間半から二時間くらいが通常だ。

問題数も40、50あたりが一般的。

しかし、今日の試験は驚異の120問。

もちろん、問題の内容はライトなものになっているが、

どちらかというとSPIテストに近いものだった。

一般的な公務員試験のノウハウや勉強はあまり役に立たない。

もちろん、0ではないが、それ以上に地頭がモノを言う試験だった。

真面目に勉強や対策をしてきたものほどしっぺ返しを食らったのではないか。

俺はある程度こっちのほうが勉強量の不安がなくなるのでよかったけど、

ぶちきれるやつが出てもおかしくないんじゃないのかこれ。

120問とりあえず全部埋めたが、周りの人は20問くらい埋まってない人も

割といた。普通択一なら解らなくても絶対埋めるんだけどな。

一問の精度に自信があるのか、はたまた時間配分ミスったのか。

とにかく全く予想外の変則タイプだったので手ごたえも何とも言えない。

発表が違う意味で怖いわ。ただ、成績開示もないみたいだし、

個人的にはコネ採用をごまかすためのテストに見えてしまう。

なんかきな臭いにおいがする。

ここに来て不安が半端じゃない。

どうしよう。

少し前には開き直った感じになったのに、

今になってものすごく怖くなってきた。

全落ちという悪夢が俺に付きまとうのだ。

明日の市役所の試験が恐ろしくて仕方ない。

そわそわして落ち着かない。喉が渇く。

明日になって、いざ試験という段階になれば

なんだかんだで集中して問題を解けそうだが、

今回落ちれば、国家、B日程、警察、刑務官と

転げ落ちていくのではないかと考えてしまう。

たぶん原因は前の模試だ。結果が悪かったので、

明日の試験が同じように失敗するのではないか、

国家までに専門の点数を伸ばせないのではないか、

と考えてしまう。今夜は眠れるだろうか。

消えてしまいたい。

友達の不幸が一気に来た

今日二人の友達と連絡を取ったんだが、

一人はお母さんが以前負った大けがの経過がよくなく、

再手術となったとのことで、さらにもう一人は

昨日お父さんが亡くなったそうだ。

ふたりとも元気がなかったのがなんか俺もつらくなった。

普段はそんなこと考えないが、

いつまでも平穏な生活が続くわけじゃないんだよな。

シビアな現実の時間の流れを思い知らされた。

俺もおばあちゃんが、両親が元気なうちに、

早く安心させてあげられるようにしっかりしたい。

そういう気持ちはあるのに、現実はあまりに力不足で、

空回りばっかりだ。心が苦しい。

地元の警察落ちた。

警察ダメだったよ…。まだ開示結果が届いてないから

何とも言えないが、まぁ体力試験だろうね。

俺の前の番号の内向的な感じのボーイも落ちてた。

120kg級の巨漢のデブも落ちてた。

この二人以外はわからんけど。

割とへこむな。ただ、結果は変わらないので、

今週の市役所が終わればトレーニングを再開して

夏の警察にはきちんと反省点を活かせるようにしたい。

鉛筆

最近、マークシートで使うことが多くなって、

鉛筆というものをを見直している。

シャーペンを使うようになってほとんど使うことはなくなったが、

いざ使ってみるとなかなか奥深いな。

ハイユニ一択という風潮が蔓延るなか、他にもいい鉛筆があるんじゃないだろうか。

調べてみると、トンボのモノ100はハイユニと双対をなす商品らしいな。

ただ、ネットの意見では若干ハイユニ優勢な感じ。

まぁ俺はトンボ鉛筆は、例の人事の糞野郎のやらかした一件で

これまでもこれからも印象最悪はぬぐえないだろうし、基本的に不買。

ハイユニ一択だな。でも9800とかのカリカリ感も嫌いじゃないぜ。

ハイユニはぬるぬる書けてさすがハイエンドモデルと思わせる。

鉛筆を使う機会があるときは一度使ってみてほしい。

国家一般の模試受けてきた

今日は模試を受けてきた。

市役所が差し迫ってるので専門ありの今回は

どうしようか悩んだが、夜まったく眠れなかったので

このまま受けなくてもどうせ寝落ちするだけと思い、

受けに行った。しかし、寝不足は午後には確実に俺の脳を

蝕み、専門では問題の意味が頭に入ってこないことがしばしばあった。

まぁ、結局は言い訳にすぎんよ。自己採点の結果は実に不安の残るものだった。

教養、専門とも、とにかく難しかった。

市役所や警察の試験は、インスピレーションの何となくで正答が出せることが多い。

少なくとも選択肢は絞れることが多かった。しかし、国家一般はそうはいかない。

一部だけ少し変える誤りや、成文だが別分野のはなしである選択肢を多用してくる。

そのため、細かいところまでしっかり記憶しておかないと点数が伸びない。

ざっと把握する勉強方法の俺との相性は最悪と言っていいかもしれない。

結局、教養27/50 専門17/40というドイヒーな結果に。

教養はまだボーダーギリギリくらいで何とかなるかな、という感じ。

前半の知識問題は全然とれてなくて青くなったが、後半の知能問題で

ぐいぐい追い上げて5割ちょい。

問題は専門だ。5割切るとかやばすぎだろ。6、7割欲しいとこなんだぞ。

しかも頭がすっきりしてたとしても5割ちょいといったところだろう。

両方から言えることは、知識問題の不足、ぶっちゃけ勉強が足りないということ。

地頭がないので、という問題ではない。

これも言い訳になるが、専門は最近手つかずだったからな…。

判例をはじめとして見たことあるが、細部はわからずが多かった。

もう一度総ざらいしておかないとな。

頭の痛い話だが、知識問題は短期で知能問題よりは伸びやすい。

どんな結果だろうと受けることには変わりないのでとにかくできるだけ

多くの時間をかけて一つでも多くの知識を詰め込んでいくだけだな。

国家一般は何とかなるんじゃないの、となんとなーくで油断してたのが

よく分かった模試だった。受けといてよかったわ、マジで。

くっせ

帰省したりして部屋をしばらく開けたあと

久しぶりに帰ってくるたびに思うんだが、

なんか部屋が臭い。悪臭とかじゃないんだ。

ずっと使ってなかった空き部屋というか、

アパートを不動産屋と回ってるとき下見で入ったときの匂いというか。

それがするんだ。そして俺はこの匂いが嫌い。

一日くらいでなくなるんだが、消臭剤とかよりも

強力に古びた匂いがなぜか部屋にこびりついてるんだ。

自分の部屋じゃないみたいで好きじゃない。

なんなんだろうか、これは。

警察筆記試験

今日は筆記試験。

昨日の体力試験の体たらくではたぶん望みはないが、

論文の練習と模試代わりに、雰囲気把握にもなるので

とりあえず受ける。

出来は択一、論文共に、現時点の実力では完璧のそれに近い。

こうなるとますます昨日の体力試験が痛いな。

まぁ、次の県警、二次募集、刑務官のいい教訓だと思おう。

一番日程が近い県警でも2カ月ほどあるので、それに備えて体力は

しっかり対策しとかないとな。同じ轍は踏まないようにしないと。

言い訳がましいが、失敗するのは仕方ないと思うんだ。

やばいのは学習しないで同じ失敗をすることだと思う。

勉強の合間を縫って筋トレがんばるわ。

体力試験覚書

(ケータイからだからレイアウトは後ほど修正する。)

まぁだめだったけど、次の他県警にも体力試験はある。

二の舞にならないように、

気を付ける点を忘れないうちに列挙しとこう。

・萎縮する必要はない。
皆が皆満点のガチムチではなかった。
俺よりもヘタレやド級のデブもわりといた。
他のやつのスコアも皆気にしてないし、すぐやめてもさほど目立たない。

・完璧なコンディションではできない
種目ごとのインターバルが想像以上に短い。
息が整わないうちに次をやらされる。
日頃のトレーニングからある程度余裕を持たせないと
たぶん本番では思い通りのスコアは出ない。
腹筋の種目前でも腕立てやシャトルラン、反復で腹筋にも疲労は蓄積している。
30回目標なら普段は35回くらいできたほうが安心だろう。

・以外とチェックは緩い
腕立てや腹筋はきちんと曲げる、つける、などの基準は割りとテキトーだった。
必要以上に敏感になってたのも回数伸びない原因だったと思う。
ある程度は楽なテキトーなスタイルでオッケー。
シャトルランのフライングだけやたら厳しい。

・練習はそのままでよさそう
要はスコアが稼げればいいので、生真面目に一般普遍的なトレーニングより
実際にやる動作で練習した方が手っ取り早そう。
ランニングの走り込みでもいいけど、いっそシャトルラン自体を何度もやる感じ。

警察体力試験

残念なお知らせがある。

いや、むしろ俺以外にとってはメシウマだな。

そうだ。体力試験の結果が芳しくなかったのだ。

具体的には普通にアウトのレベル。

腕立てと腹筋が全くといっていいほどできなかった。

前の種目から息が整わないままふたつを流れで

やらされ、単品でもギリギリのこの二つがまったく規定に届かず。

他の種目は狙い以上にうまくいったが、それ以上にふたつが足を引っ張り、

すべてが終わった。

明日の筆記の結果に関わらず一次不合格だろう。

まぁ他県の警察や二次募集の練習にはなるだろうし、

奇跡があるかもしれんから筆記も受けるけどね…。

特別区とは違い、こっちの失敗はかなり凹む…。

最悪の全落ちという結果が頭をリアルによぎった。

体力試験をやっちまっただけなのに、体力試験のない

来週の市役所も自信がまったくなくなってきた…。

怖い。

体力試験なんかダメな気がしてきた

厳しいかもしれん。

シャトルランも実際にやってみたが、

思ったより続かなかった。

腕立て腹筋はギリギリ平均、握力は未知、

反復横跳びもよくて平均だろう。

飛びぬけて他をカバーできる要素はなさそうなので、

こうなってくるとどれかで平均を下回るとアウトだろう。

もうなんかある意味開き直りの感じが出てきたな。

別に警察なんてなりたくねぇし、という考えがちらつく。

日程かぶってないとこ受けたいから、それの練習くらいにしか

思ってないな。正直。そもそも、俺はできることなら

地元に帰りたくないしな。

俺は関西人だが関西人のノリが無理だ。

関東のほうが気風があっているし、こっちに残りたい。

友達とかもこっちのやつばっかだし。

地元に帰っても、何の愛着もないし、糞のような生活が待ってるだけだ。

…はぁ。

ユニクロってすごいな

今日は体力試験に使うハーフパンツとTシャツを

調達するため、ユニクロに行ってきた。

いつも使ってるジャージならあるんだけど

半袖半ズボンじゃないとダメなんだと。変なの。

ユニクロに行ったのは久しぶりなんだが、

改めてみるとすごいな。昔は安いがダサいみたいな

印象だったのに、今ではそんなかんじがしなかった。

大学時より着れればいいや的思考になったのもあるのか、

普通にこれでいいや、と私服も買い足してきた。

意外と無難なコットンシャツとかもあって、

まぁいい買い物をできた。

ハーフパンツとTシャツもばっちりだ。

直に着るとティクビが浮くのが嫌だったが、

速乾素材の奴だと大丈夫っぽい。万全だ。

体力試験いけるだろうか

体力試験が不安だ。

詳しい内訳は省くが、MAX点の半分、

つまりテストでいうと50点が取れないと

問答無用でそこでアウトとなる。

筆記もくそもないということになるわけだな。

半分程度と言われれば、

そこまで高いハードルに感じないかもしれない。

しかし、俺は新卒に比べればオッサンだ。

それもバリバリの体育会系から遠ざかって久しい。

長年の運動不足が重くのしかかってるわけだ。

一応ここしばらくはリハビリ程度には

運動してきたが…。結構最初の関門が不安要素だ。

警察は地元なので、実家にいったん帰る。

テストまでいけませんでした、となると、2日目が

すげー気まずいだろうな。それも恐怖だ。

スポーツと炭酸の関係

久しぶりにひやっとするレベルの地震が来たな。

話は変わるが、昔、部活してた時に、コーラを飲むと先輩に

後ろから思いっきり頭をしばかれた記憶がある。

ちょっと、このリンクを見るとわかるんだが、

運動部には炭酸はよくない、というのはどうも嘘らしい。

他にも、もっと昔は運動中は水分を取るなという指導もあったとか。

今の感覚で考えると明らかに無茶苦茶だよな。

でも、当時はそれが本気で信じられてたんだな。

俺をしばいた先輩もそれが正しいと思って叩いたわけだな。

何が言いたいかというと、昔の俺は単なるしばかれ損だってことだ。

コーラ飲んでて思い出した。

特別区受けてきた

一発目の本試となる特別区を受けてきた。

手ごたえとしては、…厳しいだろう、という印象。

教養試験はイマイチ手ごたえが悪かったが、

専門はなかなかしっかりできた。

全体的には教養は易しめ、専門は難しいという評価だった。

俺は逆パターンだったけどな。個人差あるんだろうか。

択一はそんな感じでまだ芽がある感じなんだが、

論文をちょっとやらかしたかもしれん。

内容的にはこぢんまりとまとめることができたんだが、

字数が足りてないかもしれん。むしろ、足りてても

どっちみち少なくて他の人に比べて評価は高くはないだろう。

合格する確率は10~20%あればいいほうじゃないだろうか。

幸い、やっつけで受けたとこだからあんまりショックはないかな。

次の試験に向けて切り替えていきたい。

味の素をドバドバかける

俺はなんでも濃い味にしてしまう。

スーパーで夕食としてお惣菜を買ってきても、

味が薄いと、すぐ塩や味の素をかけてしまう。

舌が馬鹿になってるんじゃないだろうか。

舌が馬鹿になっているから味が薄い、

味が薄いから調味料ドバー、

調味料ドバーからの下が馬鹿に、という悪循環。

これが怖い。治そうにも、食事の味を薄くするのは

なかなか意志の強さが必要な気がする。

血圧とか最近測ってないが、やばいことになってるんじゃないのか。

決戦は近い

今日は髪を切って写真を撮ってきた。

日曜日からついに本番の試験が始まるからな。

受験票に貼る写真が必要だったんだ。

今週から3週続けての試験ラッシュとなる。

しかも、3つめにはの第一希望も含まれている。

正直、今の出来栄えでは奇跡を期待せねばならない部分もある。

まぁ、今週の特別区は日程が被らなかったから受けることにした

程度で、棚ぼたあればいいなーという甘い考えがすこーしあれど、

本番に慣れるためのいわゆる模試のような感覚で受けるから

そこまで逼迫した感じはないんだが…。

それでもなんだかすごく精神が摩耗する。

こんなにしんどいのは、自信がないからだ。

もっと対策としてあれしとけばよかった、勉強しておくべきだった

と後悔みたいなものがあるんだろうな。

やる前からこれではいかんのはわかるけど、怖いもんは怖い。

それでもやるしかないんだよなぁ…。
プロフィール

魚肉セーソージ

Author:魚肉セーソージ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。